ユーザー登録
文字サイズ

2019年6月15日号

岐阜を動かす(10) 幼児教育を大切にする街に

10/53

岐阜県岐阜市

本年度から、岐阜市教育委員会に幼児教育課を新設しました。政策のベクトルのひとつ「こどもファースト」の施策です。
「三つ子の魂百まで」という言葉がありますが、幼児期の学びや環境が、人格形成に影響を与えていることを考えると、義務教育が始まる前の時期から、教育委員会が幼児教育を行っている幼稚園や保育所(園)、認定こども園などと連携し、岐阜市を「幼児教育を大切にする街」にしていくことは、必然ではないかと思います。
具体的には、3つの柱を立てています。1本目は、幼保小の接続です。小1ギャップを解消し、幼児期や小学校で子どもたちに育ってほしい姿を共有することです。2本目は、家庭教育の応援です。子どもたちが生活習慣などを身につけるのは、家庭が土台です。家庭に幼児教育や子育ての有益な情報を提供し、家庭教育を応援します。3本目は、実践研究の推進です。小学校、幼稚園、保育所(園)、認定こども園などの先生を対象に合同研修を行い、スキルアップと情報共有を行います。
さて、昨今のニュースは悲しい事件の連続です。大変心を痛めています。岐阜市では、幼児教育課の取り組みを通じて、家庭教育を応援し、「君は愛されるために生まれた」というメッセージを伝えていきたいと思います。
岐阜市長 柴橋

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル