ユーザー登録
文字サイズ

2019年6月1日号

後期高齢者医療制度の保険料軽減措置の見直しについて

3/55

岐阜県岐阜市

●75歳以上※で医療保険料の均等割9割軽減の人は8割軽減へ
※65歳以上で障害認定を受けて後期高齢者医療制度に加入している人も対象
高齢者医療保険料の均等割について、これまで9割軽減となっていた人は今年度8割軽減に変わります。

※医療保険料を年金から引き落としで納めている場合、引き落とし額は10月から変わります。
問合せ:福祉医療課
【電話】214-2128

◎介護保険料については、今年度所得の低い高齢者への保険料の負担が軽減されます。
※課税者が同居している場合は対象外。
問合せ:介護保険課
【電話】214-2091

◎所得の低い年金受給者を対象に、今年10月から年金生活者支援給付金(基準額月5,000円)の制度が始まります。
※老齢年金生活者支援給付金(補足的な給付を含む)の場合、支給要件(65歳以上で老齢基礎年金を受給中、世帯全員の市町村民税が非課税、前年の年金収入額と所得額の合計が879,300円以下)を全て満たす必要があります。金額は保険料を納めた期間などにより異なり、基本的に10・11月分は12月(年金の支払日と同日)に振り込まれます。
問合せ:ねんきんダイヤル
【電話】0570-05-1165

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル