ユーザー登録
文字サイズ

2020年8月1日号

夏を元気に乗り切るために

7/56

岐阜県岐阜市

熱中症は、気温や湿度の影響を受け、体温の調整機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。屋外や日中だけでなく、家の中や夜間も室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があります。まだまだ暑い日が続きます。特に今夏は新型コロナウイルス感染症予防のため、夏季の気温・湿度が高い中でマスクを着用することとなり、熱中症のリスクが高まる恐れがあります。こまめに水分や塩分を補給し、感染予防と熱中症予防に心掛けましょう。
○主な症状
・めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむらがえり・頭痛・吐き気・だるさ・体に力が入らない
・重症になると…意識がない・呼びかけに対し返事がおかしい・けいれん・からだが熱いなど
○熱中症の予防方法
・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を摂る。
・屋外で人と十分な距離(2m以上)がある場合にはマスクを外す。
・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクを外して休憩する。
・感染予防のため窓を開けるなど換気を確保しつつ、エアコン、扇風機、すだれなどを利用し、室内の温度をこまめに調節する。
・通気性の良い服を着ることや保冷剤などで身体を冷やすことにより、身体に熱がこもらないようにする。
・外出時には帽子や日傘を利用し日差しを避ける。
・気温や湿度を意識する。
※熱中症の発生しやすさを示す「暑さ指数」は環境省ホームページで公開しているほかメール配信サービスも行っています。
○熱中症が疑われるときは
(1)風通しの良い日陰、エアコンの効いている室内などへ避難する。
(2)衣服(衣類)をゆるめ、風通しを良くする。
(3)太い血管のある脇の下、両側の首筋、足の付け根を冷やすなどして体温を下げる。
(4)水分・塩分を補給する。
※自力で水が飲めない、意識がない、呼びかけに対し返事がおかしい場合は、 救急車を呼びましょう。

問合せ:
保健所健康増進課【電話】252-7193
中市民健康センター【電話】252-0632
南市民健康センター【電話】271-8010
北市民健康センター【電話】232-7681

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階