ユーザー登録
文字サイズ

2020年7月15日号

岐阜市議会だより 6月定例会(1)

19/40

岐阜県岐阜市

■副議長、常任委員会委員等が決定!
令和2年岐阜市議会第3回(6月)定例会は、6月9日から25日までの17日間にわたって開かれました。副議長を選挙によって選出したほか、常任委員会及び議会運営委員会の委員長、副委員長及び委員がそれぞれ決まりました。市長から提案された議案は、追加議案を含め、予算議案5件、条例議案9件などの議案25件で、審議の結果、いずれも原案のとおり可決・承認・同意されました。また、委員会から提出された意見書1件が可決されました。今期定例会では、令和2年度補正予算にかかる事業や、新型コロナウイルス感染症対策などについて熱心に議論されるとともに、質疑・一般質問においては22名の議員が登壇しました。議案等の概要は次のとおりです。なお、議案等に対する賛否は、議会ホームページに掲載しています。

岐阜市議会議長、副議長、各委員会の委員は次のとおりです。
(議長:令和元年5月24日就任、
副議長:令和2年6月9日就任)

■議長(第98代)
大野一生(63歳)
経歴厚生委員長、総合交通対策特別委員長、監査委員、農業委員

■副議長(第103代)
石井浩二(59歳)
経歴建設委員長、監査委員、経済環境委員長
◇各常任委員会委員(◎は委員長、〇は副委員長)
《総務》
◎竹市勲、〇柳原覚、小森忠良、石井浩二、小堀将大、杉山利夫、高橋正、松原徳和
《経済環境》
◎井深正美、〇和田直也、石原宏基、浅野雅樹、須田眞、山口力也、田中成佳
《厚生》
◎松原和生、〇服部勝弘、箕輪光顕、長屋千歳、黒田育宏、森下満寿美、鷲見守昭、辻孝子
《建設》
◎若山貴嗣、〇西垣信康、渡辺貴郎、原菜穂子、谷藤錦司、西川弘、松岡文夫、堀田信夫
《文教》
◎江崎洋子、〇石川宗一郎、富田耕二、大野一生、高橋和江、道家康生、浅野裕司
◇議会運営委員会委員
◎杉山利夫、〇松原和生、渡辺貴郎、富田耕二、石川宗一郎、江崎洋子、和田直也、須田眞、辻孝子、井深正美、松原徳和

■補正予算議案
○令和2年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)
新型コロナウイルス感染症対策として、介護サービス事業所等への事業継続支援及び市有施設等の感染拡大防止対策等に係る費用を補正するほか、イベント等の中止など、各事業の見直しに伴い減額補正。
・補正額10億1千1万4千円
○令和2年度岐阜市観光事業特別会計補正予算(第1号)
新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、岐阜城及び鵜飼観覧船事務所に赤外線サーマルカメラを導入するための費用を補正するほか、鵜飼開きに係る行事の中止に伴い、事業費を減額補正。
・補正額△112万9千円
○令和2年度岐阜市下水道事業会計補正予算(第1号)
国の補助内示に伴い、千石今泉排水路を整備するほか、ストックマネジメント計画に基づき、下水管渠の調査及びプラント設備の改築等に係る費用を補正。
・補正額2億5千380万円
○令和2年度岐阜市一般会計補正予算(第7号)
新型コロナウイルス感染症対策として、ひとり親世帯臨時特別給付金支給のほか、スクール・サポート・スタッフ及び教員業務支援員の配置等に係る費用を補正するとともに、国の補助制度の変更に伴い減額補正。
・補正額7億3千335万6千円
○令和2年度岐阜市病院事業会計補正予算(第1号)
新型コロナウイルス感染症対策として、重点医療機関が行う高度医療向け設備及び救急医療機関における院内感染防止対策のための設備等を市民病院へ導入するほか、医療従事者等に対し、慰労金を支給するための費用を補正。
・補正額5億7千854万円

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階