ユーザー登録
文字サイズ

2020年12月15日号

あなたの寄附で、ふるさと岐阜市を元気に!

19/44

岐阜県岐阜市

■元気なぎふ応援寄附金
○寄附の使いみちをお選びいただけます
《5つのメニュー(活用事例)》
・市政全般
・教育・生涯学習・文化芸術:市立図書館の図書購入など
・医療・健康・福祉:福祉施設の環境整備、子ども・若者自立支援など
・環境・産業・観光:古紙回収用ボックス設置事業など
・市民活動・防災・防犯:市民活動支援事業など
◎以下の特定事業についての寄附も募集しています。
ぎふ市民活動育み寄附金、FC岐阜の活動支援寄附金、岐阜市鵜飼観覧船事業応援寄附金、新庁舎建設事業寄附金など ※その他の具体的な事業に対する寄附をご希望の場合は相談のうえ対応します。
○寄附の手続き
(1)申し込み=市ホームページに掲載のふるさと納税ポータルサイトから申し込み、または直接市民協働推進政策課までお問い合わせください。
(2)寄附の方法=次の方法からお選びください。・市民協働推進政策課窓口での現金払い ・金融機関・ゆうちょ銀行でのご入金(申し込み確認後、納付《払込》用紙を送付) ・インターネットを利用したクレジットカード決済・マルチペイメントによる支払い
(3)領収書の受領=・窓口で直接ご寄附:その場で発行
・金融機関・ゆうちょ銀行でご入金:納付用紙などの半券が領収書(後日、受領証明書を郵送) ・クレジットカード決済・マルチペイメントによる支払い:翌月15日以降に証明書を郵送
※領収書などは、所得税・個人住民税の寄附金控除を受けるために必要となりますので、大切に保管してください。

○確定申告などにより税法上の優遇措置が受けられます(ふるさと納税)
岐阜市など自治体へ寄附を行った場合、寄附金のうち適用限度額2,000円を超える部分について、一定の限度額まで所得税・個人住民税が控除されます(寄附金控除)。
控除を受けるためには、原則、確定申告などの手続きが必要です。
一定の条件を満たせば、事前の申請により寄附金控除を受けるための確定申告などが不要になります(ふるさと納税ワンストップ特例制度)。
ワンストップ特例制度の申請は、令和3年1月10日までに、寄附をした市町村に対して行ってください。詳しくは市民税課214-2063または税務署へお問い合わせください。

問合せ:市民協働推進政策課(〒500-8701今沢町18本庁舎7階・【電話】214-4865・【FAX】265-8665)

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階