ユーザー登録
文字サイズ

2020年4月15日号

岐阜市の財政状況

4/43

岐阜県岐阜市

市の財政を取り巻く環境は、社会保障関係経費の増大、公共施設の老朽化対策など今後ますます厳しさを増すことが予想されますが、今年度も引き続き行財政改革を推進することにより、確固たる財政基盤を確立し、持続可能な都市づくりに向けて、未来への投資を行っていきます。

■当初予算の推移
市の一般会計予算は、《図1》のとおり、増加傾向にあります。令和2年度の予算規模は、高齢化の進展などに伴う社会保障関係経費の増加に加え、新庁舎建設や東部クリーンセンター整備など公共事業費の増加により、前年度と比べ約69億円増の約1,790億円となりました。

■経常収支比率
経常収支比率は、財政構造の弾力性を示す指標です。市税、地方交付税など毎年度経常的に収入される使途に制限のない一般財源のうち、義務的経費をはじめとする経常的な経費に使われる一般財源の割合で求められます。この比率が低いほど、自治体独自の施策に充てる財源が多くなり、逆に比率が高いほど、財政の自由度が失われます。平成30年度は、市税収入の増などにより1.3ポイント改善しました《図2》。

■市債残高
市の実質的な借金である普通債は、学校建設や道路整備などを行う際の資金調達のための借入金で、財政負担が大きい大規模事業の実施にあたり、他の市民サービスに影響を及ぼさないようにする「財政負担の平準化」と、将来その施設を使用し、利益を受ける世代にも負担をいただく「世代間の公平性の確保」の機能があります。市では、将来世代に過度の負担を残さないように努めています。
一方、臨時財政対策債は、国の地方交付税の財源不足を補うために、地方公共団体が肩代わりをしている借入金で、その返済費用の全額が後年度の地方交付税で措置されます。臨時財政対策債の残高は増加を続けています《図3》。

■財政調整基金と繰越金
地方公共団体における年度間の財源不均衡を調整するために設けられる基金を財政調整基金といいます。市では、令和元年度末に83億円の残高を見込んでおり、将来の財政需要に備えています。また、繰越金は約57億円を見込んでいます《図4》。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階