ユーザー登録
文字サイズ

広報ぎふ 平成30年11月15日号

新庁舎建設ダイジェスト(6)

20/52

岐阜県岐阜市

新庁舎建設事業は、本体工事の着工から約半年が経過しました。現在、基礎工事の最盛期であり、多くの作業員が、鉄筋を組んだ箇所から順次、コンクリートを流し込む作業を行っています。工事の進ちょく状況は、施工業者のホームページでもご覧いただけます。

さて、連載第6回となる今号は、ユニバーサルデザインなどに配慮し、誰もが安全で快適に利用できる新庁舎の設備について紹介します。

「岐阜市新庁舎現場お知らせ」検索

●ゆとりのある通路
・窓口部署や利便施設を集約する低層階(1~3階)の通路は、車いすやベビーカーも通行しやすい幅(5~15m)とし、複数箇所に手すりを設置します。

●多目的トイレ
・多目的トイレは、すべての階と立体駐車場に計24か所設置します
・特に、低層階は複数設置し、障がい者、高齢者、子ども連れなどの人々に配慮した設備を備えます。

●授乳室・キッズルームなど
・給湯設備を備えた授乳室を、低層階に計6室設置します。
・子ども連れでも安心して手続きをしていただけるよう低層階(2階)にキッズルームやキッズコ ーナーを設置します。
・また、議会傍聴席(5階)には、親子室を設けます。

●さまざまなバリアフリー設備
・主要な動線に、誘導(点字)ブロックや音声案内を設置します。
・トイレの出入口には、手で触れて内部のレイアウトを確認できる触知図を掲示します(低層階と4階)。
・5階の議場傍聴席に、補聴器の音を聴き取りやすくする補聴支援設備(磁気ループシステム)を設置します。

●分かりやすいサイン計画
・トイレやエレベーターなどの案内には、誰もが視覚的、直感的に伝わりやすいピクトグラム(図記号)を活用します。
・日本語の表記は、誰もが見やすいシンプルな書体を用います。

●ハートフル駐車場
・立体駐車場(1~3階)の庁舎に最も近い位置に、障がい者や高齢者、子ども連れの人のためのハートフル駐車場を、計27台分整備します。

■新庁舎建設工事の現場見学会のご案内
新庁舎の免震工事現場見学会の参加者を募集しています。防災拠点として整備する新庁舎において、その構造を支える免震装置を、間近で見学できる貴重な機会ですので、ぜひご参加下さい。
期日:来年1月20日(日)
内容:
・工事概要の説明
・工事現場の見学(免震装置)
・免震体験車による免震体験など

申込:期間12月10日(月)まで
※詳しくは、広報ぎふ11月1日号または市ホームページをご覧下さい。

問合せ:新庁舎建設課
【電話】214-6558
「岐阜市新庁舎現場見学会」検索

■新庁舎建設事業に係る寄附
~未来につなぐあなたの想い~
あなたの名前や社名を新庁舎に残しませんか?

詳しくは…「岐阜市新庁舎寄附」検索
■返礼など
・オリジナルの感謝状、お礼状の贈呈
・新庁舎に芳名板を設置し末永く顕彰
・庁舎建設史への掲載
・市外在住の方には、市ゆかりの特産品

■パンフレット配布場所
・本庁舎、南庁舎、ぎふメディアコスモス、各事務所(7か所)、各コミュニティセンター(8か所)ほか主要な公共施設
※市ホームページからもダウンロード可

◎次回(広報ぎふ12月1日号)は、にぎわいの創出につながる機能などについて紹介する予定です。

問合せ:新庁舎開庁準備課(【電話】214-2673・【FAX】262-0512)

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル